虫歯

当院では様々な治療法を用いて虫歯治療を
行っております

従来までは、虫歯に侵された歯質は全て取り除き、最終的に歯の神経まで達してしまったら神経も抜かなければいけないという考え方が一般的でした。ところが、神経を抜いてしまった歯はもろくなり、寿命が縮んでしまいます。歯の神経は出来る限り温存するのが望ましいのです。
当院では虫歯を殺菌することであえて削る量を減らす治療法も用いて虫歯治療を行っています。従来の方法では神経を抜かなければいけないような場合でも、神経を残せる可能性があります。

ドッグベストセメント治療

ドッグベストセメントと呼ばれる特殊なセメントを使うことで虫歯を大きく削らずに治す方法です。ドッグベストセメントには銅イオンが含まれており、殺菌作用を示します。通常の虫歯治療では虫歯に侵された歯質は全て取り除きますが、この方法では虫歯の一部をあえて残してその上からドッグベストセメントを塗ることで削る量を減らします。

ドッグベストセメント治療の特徴

削る量が少ないので痛みを感じにくいのが特徴です。従来の方法では歯の神経まで削らなければいけないような虫歯でも、ドッグベストセメントを使うことで神経を温存できる場合があります。3Mix法と比べると、3Mix法で調合される薬剤よりも殺菌力は弱いですが、半永久的に殺菌作用が続くためメンテナンスは容易です。

3Mix(スリーミックス)法

3種類の抗生物質を混ぜ合わせた薬剤を使って虫歯を殺菌、無菌化する方法です。ドッグベストセメント治療と同じように、あえて虫歯の一部を残して殺菌することで歯を削る量を減らすことができます。虫歯を全て取り除くと歯の神経まで削らなければいけなくなってしまうような状態でも、3Mix法を使うことで神経を温存できる場合があります。

3Mix(スリーミックス)法の特徴

ドッグベストセメント治療では銅イオンが含まれた特殊なセメントを使って殺菌するのに対し、3Mix法では3つの抗生物質を混ぜ合わせて抗菌剤を調剤します。ドッグベストセメントのような半永久的な殺菌作用は期待できませんが、短期的には強力に殺菌できます。また、歯の根の病気にも使われることがあるのがこの治療法の特徴です。

マイクロスコープ

治療する箇所を高倍率で拡大することが出来るマイクロスコープは、治療の成功率を高めるために欠かすことができない機材です。マイクロスコープを導入したことで、虫歯になった箇所を高倍率で見ることができ、より良い治療が行えるようになりました。